イースター

イースターエッグってなに!?作り方は!?子どもにもわかりやすく教えて!

投稿日:

春は、暖かい気温とともに、楽しいイベントが盛りだくさん。

その中で、最近注目されているのが「イースター」

 

イースターは、クリスマスやハロウィン同様、外国発祥のイベントで、イエス・キリストが復活したことを祝う日と言われています。

ただ、日本では、その宗教性はあまり高くなく、近年のクリスマスやハロウィンのように、そのイベント性を楽しむものとなっています。

イースターのイベントとしては、イースターバニーと言って、ウサギに扮したコスプレをしたり、イースターエッグを使ったゲームをします。

...とここで、一つの疑問が生まれます。

 

「イースターエッグって何?」

「子供でもイースターエッグを作れるの?」

イースターが浸透する前に生まれ育ったママパパにとっては、イースターで何をするのか、あまり分かっていない方も多いですよね。

そんなママパパのために、イースターエッグについて、まとめてみました。

スポンサーリンク

イースターエッグとは?

「イースターエッグとは何か?」その前に、イースターについてご説明します。

 

イースターとは、イエス・キリストの復活を祝う日です。十字架にかけられたイエス・キリスト。

しかし、3日目に復活を遂げます。

その復活を祝福する日として、キリスト教徒にとっては、重要な日とされていて、イースター当日は、さまざまな教会で特別な礼拝が行われます。

そんなイースターに欠かせないのが、イースターエッグ。

 

卵は、生命の始まりを意味します。殻にいる間に命を育み、殻から突き破り生命が誕生する。

その様子が、イエス・キリストの復活を意味していると言われています。

そのため、イースター当日の礼拝の中で、卵の祝福も行われるそうです。

イースターエッグには、そんな特別な役割があるのです。

 

ちなみに。

イースターバニーは、その名の通り、ウサギを意味するのですが、ウサギは多くの子孫を生む生き物です。

そのことから、生命の繁栄のシンボルとして、イースターでは取り上げられることが多いです。

スポンサーリンク

子どもにも作れる簡単な作り方を教えて!!

イースターエッグについて、お分りいただけたかと思います。

では、実際に自宅でイースターエッグを作ろうと思ったら、どうしたら良いのでしょう。

本場のイースターエッグを真似ようと思ったら、本物の卵の殻を使うのが一般的です。

 

しかし...

  • 卵の中身を取り出すのが大変
  • 絵付けするときに割れちゃう

といった不安があります。

 

特に、子供は卵の殻を割らずに、絵を描くのは難しいです。

そんな子供にもオススメの、簡単な作り方をご紹介します。

 

《準備するもの》

  • 卵型発泡スチロール
  • アクリル絵の具
  • 爪楊枝
  • ブロック型の発泡スチロール

卵の殻本物を使わずに、卵型の発泡スチロールを使う方法です。

 

卵型の発泡スチロールは、いまや100均でも販売されていて、簡単に手に入ります。

卵型の発泡スチロールなら、軽くて、でも本物の卵の殻をよりも丈夫で、子供にも扱いやすいです。

では、次に卵型の発泡スチロールを使ったイースターエッグの作り方をご紹介します。

 

《作り方》

  1. 爪楊枝に、卵型の発泡スチロールを刺す
  2. 爪楊枝を持って、卵型の発泡スチロールにアクリル絵の具でベースの色を塗る
  3. 爪楊枝をブロック型の発泡スチロールに刺して乾かす
  4. ベースの色が乾いたら、好きな絵柄を書き足していく
  5. 最後に全体を乾かして完成

このように、発泡スチロールであることを生かした作り方をすれば、子供でも簡単にイースターエッグを作ることができます。

出来上がったイースターエッグは、お家の観葉植物や、お庭の木にぶら下げたり、インテリアとして室内で飾っても可愛いですね。

自宅で楽しくイースター

いかがでしたでしょうか?

近年、注目が集まる「イースター」

ハロウィン同様、日本にもイベントとして浸透しつつあります。

各テーマパークでも、イベントとして盛り上がりを見せているイースターですが、もちろんご自宅でも簡単に楽しむことができます。

それが、イースターエッグです。

 

今回ご紹介させていただきました卵型の発泡スチロールを使えば、大人はもちろん、子供も簡単にイースターエッグを作ることができます。

個人の好みや、個性が出るイースターエッグのデザイン。子供たちもきっと楽しくペイントすることができます。

上手くできたら、インテリアとして飾ってもオシャレ。

 

発泡スチロールでできているので、壊れてしまう心配もありません。

注意として、ペイントの際に、油性ペンを使うと発泡スチロールが溶けてしまいますので、お気をつけください。

また、発泡スチロールですので、水性絵の具は弾いてしまって、上手くペイントできません。

今回おすすめしたアクリル絵の具を使って、可愛くペイントして、子供たちと一緒に、自分だけのイースターエッグを作って、家族でイースターを楽しんでみてくださいね。

-イースター

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.