子育て

運転免許は何歳からとれる?高校生も取れる?!

投稿日:

法律改正に伴い、18歳から成人とする動きがありますが、18歳になると、今まではできなかったことが、できるようになります。

その一つが「運転免許」

自動車の運転免許が取れれば、今まで自転車や公共交通機関でしか移動できなかったところが、車を運転できるということで、行動範囲が広がります。

18歳は高校に通っている子も多く「高校生は卒業しないと免許取れないんじゃないのかな?」と思っている人も多いでしょう。

しかし!地域や学校によって、高校生でも免許取得OKのところもあるって知ってましたか?

 

今回は、高校生の運転免許取得についてまとめてみました。

スポンサーリンク

取りたい免許によって違う!運転免許の取得可能年齢

運転免許は、何を運転できるかが免許によって違います。

そして、その運転免許の種類によって、取得可能な年齢も異なります。

以下がその一覧です。

免許取得可能年齢
原動機付き自転車(原付き) 16歳
普通自動車 18歳
準中型自動車 18歳
中型自動車 20歳 普通自動車免許取得後2年以上
大型自動車 21歳 普通自動車免許取得後3年以上
普通自動二輪車 16歳
大型自動二輪車 18歳

他にも、大型特殊自動車や牽引自動車、タクシーを運転できる「普通自動車二種免許」や、バスを運転できる「大型自動車二種免許」という免許もあり、それぞれ免許取得可能年齢や運転経歴が、法律で定められています。

(運転経歴とは、普通自動車免許を取得してからの期間。その間に免許停止や免許取消期間があれば、それらはカウントされません。)

年齢以外にも...

  • 視力
  • 聴力
  • 色彩検査

など、運転免許を取得するには、さまざな条件があります。

スポンサーリンク

高校生から運転免許取得に通う地域もある!

上記で申し上げた通り、原動機付き自自転車や、二輪車、普通自動車の免許を取得できる年齢は16〜18歳。

16〜18歳といえば、多くの人が高校に通っている年齢になります。

16歳であれば高校1.2年生。

多くの高校では、その時期に原動機付き自転車、いわゆる原付き免許や、普通自動車二輪車免許を取得することを許可している学校はほぼありません。

(事故の懸念や風紀の面で多くの高校が禁止しています。)

しかし、18歳、高校三年生での普通自動車の免許の取得を許可している学校は、地域によりあります。

その理由としては...

高校卒業後の進路が、就職の場合、多くの会社や企業で、普通自動車の免許が必要としています。

そのため、就職先が決まっていて、その就職先で免許が必要な生徒には、免許取得の許可を出し、学校の授業が終わってからの時間帯や、土日、冬休みや卒業前の自宅学習期間に、自動車学校に通うことを認めるケースがあります。

また!

進学の生徒でも、進学先が決まっている場合は、就職の生徒同様、学校の許可のもと、自動車学校に通って良いとしているケースがあります。

就職や進学など、慣れない環境に身を置く前に、免許取得しせてあげたい!という親御さんもいらっしゃるでしょうが、これらは基本的に校則で決まっている場合がほとんどです。

ご自身のお子さんが通う学校では、どのような決まりになっているのか、事前に学校側に聞いておきましょう。

(18歳を迎えるより前から、自動車学校に入校することは法律上可能ですが、仮免許取得時に18歳になっていなければならず、自動車学校に入校するとその時点から様々な「期限」が発生するため、18歳になってからの入校を定めている自動車学校もあります。

その場合は、学校側の許可の確認とともに、自動車学校側への確認も必要です。

 

学校ごとに「この自動車学校であれば、卒業前から通って良い」と決まっている場合もあります。

そちらも合わせて、高校側に確認をすることをおすすめします。)

スポンサーリンク

学校の許可があれば高校生でも免許取得できるかも!

いかがでしたでしょうか?

高校生でも、就職先や進学先など進路が決まっていて、かつ学校の許可があれば免許取得できる場合もあるということが、お分りいただけたかと思います。

「うちの子は、まだ進路決まないけど、在学中に通いたいって言ってるから、高校に内緒で通わせよう」

と思っている親御さん!

個人的にはあまりおすすめできません。

なぜなら、学校の先生が見回りに来るケースや、内心に影響するケースなど、高校三年生の大事な時期には、リスクが大きすぎるからです。

自動車学校によっては、高校側と繋がっていて、先生同士連絡を取っている場合もあります。

(無断で通う生徒を阻止するため)

その場合は進路が決まっていないと、なぜ自動車学校に通うことを高校側が禁止しているのか?

を考えてみましょう。

高校生の本業は学業です。

就職にしろ、進学にしろ、高校側としては、卒業後の進路決定をバックアップする責任があります。

大事なお子様を預かる高校として、一定の決まり、校則は必要不可欠で、もし校則を破る生徒がいた場合は、何かしらのペナルティがなければ、校則の意味をなさないことになってしまいます。

もし、お子様が進路決定前に免許取得を希望しても、通っている高校が許可制を取り入れている以上は、内緒で通わせない方が良いでしょう。

通っている学校側、通わせたい自動車学校側へ一度問い合わせをして、確認しておくことが大切です。

-子育て

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.