学習&体験

高校入試目前!!試験当日にインフルエンザや体調不良になっちゃったらどうなるの?

投稿日:

高校受験の本番シーズンは1月下旬~2月の地域がほとんどです。

今まで頑張ってきた成果をベストな状態で臨み発揮したいですよね。

なぜ2月という体調管理が難しい時期に受験があるのか不思議でなりませんが、世の中そうなっている以上、対応できるようになければいけません。

スポンサーリンク

もし試験当日にインフルエンザになってしまったら?!

試験当日にインフルエンザになってしまった場合、試験を諦めてください。ということは少ないようです。

もし、お子さんが私学入試の目前にインフルエンザになってしまったら、慌てずに担任の先生に相談をし、受験校に問い合わせをするなどして対応してあげましょう。

ここで子供を責めたって仕方ありません。

インフルエンザや感染症の病気は徹底した予防をしていたとしてもかかる時はかかります。

特別措置

医師の診断書などにより当日にインフルエンザにかかっていたことが証明される場合には後日試験を受けることができます。

ただし、試験内容は難しくるようです。

別室措置

インフルエンザ患者のための部屋を用意してくれます。

その部屋で試験をうけることになります。インフルエンザ以外の場合も体調不良者のための部屋が設けられる場合もあります。

上記のような措置が取られることが多いようです。

学校により異なるようですが、まずは中学校の担任の先生に相談!そして受験校へ問い合わせですね。

学校によっては特別措置が無い場合、高熱が出ていたとしても別室措置で試験を受けてください。というケースもあるようです。

インフルエンザだけじゃない!

インフルンザは感染力が強く、本当にあっという間に周りに広まってしまうイメージがありますよね。

でも、一方ですぐに治る。というイメージがありませんか?

最近では薬を飲めば、高熱は一晩もあれば下がってしまうケースがほとんどです。

ただ、人に移してしまう可能性があるので、外に出ることができない期間があるので長く感じるようなきがするだけのような気がします。

冬にはインフルエンザだけでなく、感染性の胃腸炎なども流行します。

感染性の胃腸炎は熱はなくても、嘔吐や下痢が続き、トイレから出れないような状況になってしまうこともあります。

インフルエンザだけでなく他の病気にもならないように、手洗いうがいを徹底させる。十分な睡眠を取ることは受験生にとって大切なこと。

それでも、体調不良に陥ってしまったら親としてしてあげられることは、落ち着いてどうしたらいいのか対応を考えること。ですよね。

もし、受験当日に体調不良になってしまったら、慌てないでまず相談・問い合わせをしてください。

-学習&体験

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.