おでかけ

赤ちゃんを蚊から守る!できる対策とは

投稿日:

赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、蚊にさされやすいです。

赤ちゃんは自分で蚊から身を守ることはできません。ママがしっかりと対策してあげましょう。

赤ちゃんを蚊から守るためには…

肌の露出をさけること・濃い色や暗い色の服装を避けること・水たまりや茂みには近づかないこと・虫除けスプレーなど使用すること・蚊帳でおおうことです。

それでは詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク

蚊から赤ちゃんを守る!出来る対策5つ

赤ちゃんを連れて外に出かける時は必ず虫除け対策をしていきましょう。

外で赤ちゃんを蚊から守る対策を5つ紹介していきます。

なるべく肌の露出を避けること

夏場は暑いのでどうしても薄着になってしまうと思いますが、肌を露出していると汗をかき、蚊にさされやすくなってしまいます。

薄手のカーディガンやパーカーなどを羽織るようにしてなるべく肌の露出を避けてあげましょう。

濃い色や暗い色の服装をさせない

蚊は薄い色よりも濃い色、明るい色よりも暗い色を好む傾向にあります。

赤ちゃんだけではなく、一緒にお出かけするママやパパも濃い色や暗い色の服装は避けるようにしましょう。

水たまりや茂みに近づかないということです。

蚊は水たまりや茂みに多くいますので、なるべく近づかないようにしましょう。

虫除けスプレーなどを使う

蚊は特に夕方から夜にかけて活発になると言われています。

なので特に夕方から夜にかけて出かける時は虫除けスプレーや虫除けパッチなどで対策してから出かけましょう。

蚊帳を使用することです。

ベビーカー用の蚊帳がありますので、赤ちゃんをベビーカーに乗せる場合には、蚊帳を使用することにより、蚊にさされるのを大幅に防ぐことができます。

もし赤ちゃんが蚊にさされてしまったら

どんなに気をつけていても、赤ちゃんが蚊にさされてしまうことはあります。

刺されてしまってから焦らないために、事前に刺されてしまった時の対処法を頭に入れておくことが大切です。

まず、赤ちゃんがさされてしまったら、さされたところをすぐに石けんで洗い、濡れタオルなどでさされたところを冷やしましょう。

冷やしたあとに、赤ちゃんでも使える市販のかゆみ止めを塗ってあげて下さい。

赤ちゃんはかゆいと、かゆみを我慢できずにかいてしまうので、はやめにかゆみをおさえてあげることが大切です。

まとめ

赤ちゃんは蚊にさされやすいので、大人がしっかりと守ってあげるために、蚊にさされないための対処法をしっかりと頭に入れておきましょう。

もし赤ちゃんが蚊にさされてしまった場合は、早めに対処して、なるべく悪化させないように気をつけてあげることが大切です。

-おでかけ

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.