学習&体験

子どもに話題のビジュアルプログラミング言語とは?

投稿日:

今、小学生の子どもを中心に流行っているある体験教室をご存知でしょうか?

それは子供向けのプログラミング教室です。

そこでは、子供がプログラミングを学ぶためのビジュアルプログラミング言語を教えています。

昨今のIT化が進むにつれて、小学生からパソコンに親しみを持ち、活用していくことを目的に、今現在、各地でプログラミング教室を開催されることが多くなってきました。

今回は、そんなビジュアルプログラミング言語についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ビジュアルプログラミング言語とは何?

ビジュアルプログラミング言語とは、複雑なプログラムコードがなく、視覚的な表現で操作しプログラミングするプログラミング言語のことです。

プログラミングと聞くと、アルファベットや数字などが複雑に並んでいて、一見 何が何だか分からないコードが書かれていて難しいというイメージがあります。

しかし、ビジュアルプログラミング言語は、子どもでもわかりやすいようになっているので、プログラミングに慣れるために適したものです。また、子どもだけでなく、プログラミングに苦手意識がある初心者にとっても分かりやすくなっています。

 

ビジュアルプログラミング言語を学ぶ上で、頻繁に使用されているのが「Scratch」といわれるビジュアルプログラミング言語です。

アメリカのマサチューセッツ工科大学で開発されたもので、世界的にも有名なビジュアルプログラミング言語です。日本語にも対応しているため、子供向けのプログラミング教室でも多く使われています。

Scratchのプログラミングは、ブロックを積んでいくことでキャラクターに動作をさせるスタイルになっています。

様々な命令の項目がブロックになっていて、ブロックの形を見ながら、ブロック同士が互いに積み重ねることができるかを判断し、それをマウスで操作することによってプログラムを作ることができます。命令も種類ごとに色分けされていて、視覚的にも分かりやすく、かつ子どもの好奇心をかきたてるものになっています。

また、プログラミングした内容がすぐにキャラクターに反映されるのが特徴で、自分の成果をすぐに確認できるのが楽しく学べるポイントとなっています!

このように、視覚的にプログラミングのやり方を学べるビジュアルプログラミング言語は、今後ますます注目されていくのではないでしょうか。

ビジュアルプログラミング言語を学ぶ理由とは?

ビジュアルプログラミング言語を学ぶ利点としては、簡単にプログラミングに慣れ親しむことが出来るということではないでしょうか。

子どもの興味を引きやすい内容が、プログラミングに対する苦手意識を和らげ、モノを一から作り上げることへの楽しさを抱く懸け橋になっていると思います。

そして、ビジュアルプログラミング言語を学んでいくうちに、プログラミングを通して養われる能力を引き出すことになるのです。それは、「論理的思考力」「問題解決能力」「創造力」の3点です。

 

プログラミングは、自分の想像した世界をコンピューターに命令してプログラムを作り上げていくものです。

それには、コンピューターに手順を覚えさせるために、順序だてた手順書を作ることから始まります。それには論理的な思考が必要なため、最初に目的を明確にし、どのような動作をどの順番で行い、それをプログラミング言語で記したプログラムを作らなければなりません。

そして、そのプログラムが正常に実行されるかコンピューターの動きを確認し、もし指示通りに動かなければ、問題点を見つけて修正するということを繰り返します。この一連の作業が子どもの論理的な思考や問題解決能力を身につけるのに適していることが分かります。

また、自分の思い描いたものを形にするということで創造力が養われます。

何もない状態から理想のものを作りだすには、どんなことをすればよいのか、またそれをどんな風に使うかなど考えるのです。

子どもの柔軟な発想で、様々なアイデアが出てくるでしょうが、そのアイデアをプログラミングし、そのプログラムを他の人と共有することができたら更に新たな発見へと繋がるかもしれません。そして、また新たなアイデアが生み出され、創造する意欲が湧いてくるといったプラスの力になるのです。

こういう観点から、ビジュアルプログラミング言語を学ぶ子どもが増えているのだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今や子どもが将来就きたい仕事として、SEやIT関連の職業の名前が上位に挙がるようになってきました。

さらに、グローバル化やIT化に伴い、パソコンを使えることが当たり前になりつつある昨今、国際的に活躍できる人材の育成という面からも、プログラミング教育は必要性を増しています。そこで、本格的なプログラミングを学ぶ先駆けとして、ビジュアルプログラミング言語を学ぶことが増えてきました。

子どものうちから、プログラミングに対する意識や仕組みを知っておくことで、後々 本格的なプログラミングを学ぶ際に抵抗感が薄れるといったことから、ビジュアルプログラミング言語を用いたプログラミング教育は、これからますます注目されることでしょう。

大人であっても、プログラミングはもとよりパソコンの操作が苦手という方も多くいるので、この機会に子どもと一緒にビジュアルプログラミング言語を学び、新たなスキルを身につけるのも良いかもしれませんね♪

-学習&体験

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.