おでかけ

チャイルドシートを助手席につけるのは違法なの?何に注意すべき?

投稿日:

お子さんがいる家庭では、子どもを車に乗せて出かけることなど、日常茶飯事ですよね。

車に乗せる際、チャイルドシートに子どもを乗せる訳ですが、チャイルドシートを付ける際に、さまざまなことで、悩んだことはありませんか?

「後ろの席だと、ママの顔が見えなくて泣いてしまうから出来れば助手席につけたいけど、違反じゃない?」

「そもそもどこに付けないといけないという決まりはあるのかな?」
などなど...チャイルドシートを車に乗せる際のポイントについて、知らないことも多いのではないでしょうか?

そこで今回は「チャイルドシート使用法」について掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

チャイルドシートを助手席につけるのは違法?

道路交通法では、6歳未満の幼児を自動車に乗せる際に、幼児用補助装置=チャイルドシートを使用することが義務となっています。

ただし、「やむを得ない状況」では免除させる場合があります。それは以下の通りです。

  1. 座席の構造上、チャイルドシートを付けることができない場合(幼稚園バスなどが該当する)
  2. どもの人数分、座席に固定できない場合(幼児がたくさん乗る場合)
  3. 怪我や病気のため、チャイルドシートが使用できない場合
  4. 身体的な理由でチャイルドシートが装着できない場合
  5. 授乳やオムツ替えなど、チャイルドシートに乗せたままではできない日常のお世話をする場合(しかし、これに関しては、警察もかなり厳しく、出来るだけ停車駐車して行うのがベスト)
  6. バスやタクシーに乗る場合
  7. 災害時などに、国が許可した車で住民の方々を移動させる場合
  8. 緊急時、救急車に乗って病院に行く場合

上記の際は、チャイルドシートの着用が免除されています。逆に言うと、それ以外では必ず使用しなければいけないと言うことです。

しかし、そのつける場所においては、規定はありません。つまり、助手席につけても、法律上は何の問題もないと言うことです。

しかし、チャイルドシートを助手席に付ける際にはいくつか注意点があります。

その注意点について、次章でみていきましょう。

チャイルドシートを助手席につける時に注意すべきこととは?

チャイルドシートを助手席につけても、法的に問題ないことはわかったけど、付けるときにどんなことに注意したら良いの?

という疑問をお持ちのママに「チャイルドシートを助手席につける際の注意点」についてまとめてみました。

 

必ず前向きでつける

進行方向に対し、前向きで装着しましょう。後ろ向きで付けた場合、エアーバックが作動すると、乗っている子どもがチャイルドと助手席のシートの間に挟まれる危険性があります。

 

シートをめいいっぱい後ろに下げる

エアーバックは、大人が座った際に安全に作動するように作られています。そのため、チャイルドシートがあるとその分エアーバックとの距離が近くなるので、安全に作動しない場合があります。

上記二点に気をつければ、助手席でもチャイルドシートは使用可能です。

しかし、助手席は万が一事故が起きた際の被害率が最も高いと言われています。

一番安全と言われているのが、後部座席の中央シートです。ただ、セダンタイプや軽自動車ですと、中央に取り付けることが難しいので、その場合は、運転席の後ろが良いでしょう。

 

また、チャイルドシートもさまざまな種類が出ています。

年齢に合わせて買い換えることができるお家は良いですが、あまり安いものでもないので、将来を見越しながら、ママが乗り降りさせやすい点や、座り心地、安全性などをしっかり吟味した上で購入しましょう。

スポンサーリンク

チャイルドシートは出来るだけ後部座席に

いかがでしたでしょうか?
ここまでみていったように、チャイルドシートに関して、つける場所などは細かい規定はありません。

なので、どうしても助手席に付けたい場合は仮に付けたとしても、運転手であるママやパパの違反にはなりません。

しかし、そもそもなぜチャイルドシートを付けなければいけないのかを考えると、助手席が得策でないことは一目瞭然です。

シートベルトは本来大人が万が一事故にあった際に、車から飛び出さないように守ってくれるものです。なので、背丈が小さい子どもは、普通にシートベルトを着用しても、本来の安全性を確保できません。そのためにチャイルドシートを活用します。

そんな子どもの命を守るためのチャイルドシート。出来るだけ安全に使うためには、事故の際の被害率が助手席よりも低い後部座席に付けることをオススメします。

車の事故は、ほんの一瞬の操作ミスが大きな事故につながったり、こちら側は注意していても、全く意図しない所から飛び出してきてぶつかられる場合など、原因はさまざまです。

一生、小さな事故も大きな事故も、起こさない、合わないというのがベストですが、万が一起きてしまった場合、幼い子どもの命はチャイルドシートにかかっています。

運転手として、親として、出来る限りの安全を確保した上で、お子さんを車に乗せるということが最大の義務ではないでしょうか。

-おでかけ

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.