子育て

チャイルドシートは何歳まで必要?シートベルトをつける時の注意点は?

投稿日:

子どもを連れて車で出かける際に欠かせないチャイルドシートですが、一体何歳までチャイルドシートに乗せる必要があるのでしょうか。

またチャイルドシートを卒業してそろそろシートベルトにしようと考えた時、どのような事に注意するべきなのかを調べてみました。

スポンサーリンク

チャイルドシートは何歳まで着用するの?

チャイルドシートの着用は法律上では6歳までとされています。6歳というと幼稚園を卒園して小学校へと進学する頃にあたります。

法律やチャイルドシートの使用方法でも対象年齢として記されていますが、子どもの成長は十人十色。身長が高い子もいれば低い子もいますし、もちろん体重にも個人差があります。

対象年齢に達していても小柄な子にとってシートベルトをつけるのはまだ早く感じる場合や、6歳に満たないけれどチャイルドシートが窮屈そうだなと感じる場合もあると思います。

チャイルドシート以外に4歳頃から使用することの出来るジュニアシートがあり、それにはコンパクトタイプのものと背もたれの付いたものがありますので、年齢にとらわれずに我が子の成長に合わせたシートを着用させてあげましょう。

6歳を過ぎたらシートベルト?注意すべきポイントは?

6歳を過ぎてそろそろシートベルトに切り替えようかと思う方に注意していただきたいことがあります。

それは子どもが大人用のシートベルトを正しい形で着用することの出来るような体格まで成長しているかどうかを見極めることです。

たとえ6歳を過ぎていたとしてもシートベルトを正しく装着出来ないようなら、もしもの時に子どもの安全を守ることが出来なくなります。

一般的な大人用のシートベルトは身長が135cm~140cm以上に達している方に有効であるように備え付けられているので、年齢ばかりを気にするのではなく身長もシートベルトに移行するチェックポイントの一つにしてあげてください。

シートベルトを正しく装着出来ないと万が一の時に首やお腹を圧迫してしまう恐れがあります。

年齢だけでなく体に合わせてチャイルドシートの卒業を

チャイルドシートの装着義務は法律上では6歳までとされていますが、同じ6歳でも体の大きさは子どもによって違います。

焦ってチャイルドシートを卒業させることをせずに子どもの体格に合わせてチャイルドシートもしくはシートベルトを使用しましょう。

いくら自分自身が気を付けて運転していても、他からの衝突や思いがけない事故に巻き込まれてしまうことがないとは言いきれません。

そんな時に大事な子どもの命を守れるように日頃から子どもの体格と使用しているシートが適しているかを確認するようにしましょう。

-子育て

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.