食生活

子供のコーヒーデビューはいつから?!子供が飲むときに注意することは?

投稿日:

子育てのちょっとしたスキマ時間、カフェにはいけなくても、たまには自宅でゆっくりコーヒーを飲む!なんて優雅な時間を過ごしたいですよね。

先日我が家で、束の間のティータイムを過ごしていると、横から子どもが「それ飲みたい!」と言わんばかりに手を出してきました。

そんな時に夫婦で議題になったのが

「子どもにコーヒーっていつから飲ませていい!とかあるのかな?」ということ。

産まれてからずっと粉ミルクや母乳を飲んできた子どもが、生後半年ほどから離乳食を食べるようになり、麦茶や白湯を飲めるようになって、離乳食から大人と同じご飯を食べられるようになっていく。

そんな子どもの食事に関する成長の過程の中で、コーヒーはいつから摂取しても問題ないのだろう?

そんな疑問を持ち、今回「コーヒーと子ども」について調べてみましたので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

子供のコーヒーデビューはいつからしていいの?

子どものコーヒーデビューについて、いろいろ調べてみましたが、はっきりと○歳からOK!という情報はどこにもありませんでした。

ただ、全日本コーヒー協会への質問として「何歳からコーヒーを飲ませても良いですか?」という質問があり、協会側がそれに答えたとされる記事がありました。

それによると

「12〜15歳以上で、体重が大人並み、50キログラムを超えていれば飲んでも構わない」という内容の記述がありました。

それから「10歳以下の子どもがコーヒーを摂取することは控えた方が良いでしょう。

ただ6歳以上であれば、ミルクで4分の1ほどに薄めて飲む分は大丈夫でしょう。」

という内容の記事もありました。

 

12〜15歳というと、小学校6年生〜中学3年生くらいですので、コーヒーデビューは、中学生または高校生からが良いということになります。

 

もっと早い段階から飲ませたい場合は、ミルクで薄め「コーヒー牛乳」にする事で、小学生くらいから飲めるようになります。

スポンサーリンク

子供がコーヒーを飲むときの注意点とは?

では、実際に子どもにコーヒーを飲ませるにあたり、どのような所に注意したら良いのでしょうか?

以下に、その注意点をまとめてみました。

過剰摂取は避ける

海外で、エナジードリンクを大量に飲んだ事で、カフェインを過剰に摂取し、死亡してしまったというニュースがあったことを皆さんはご存知ですか?

ニュースを調べて読んでいると分かるのですが、1日にこれだけのカフェインをコーヒーから取る事は子どもの場合ほぼないだろうと思います。

しかし、カフェインを過剰に摂取することは、健康を害することにつながり、最終的に命の危険があるということは知っておいた方が良いでしょう。

夕方〜夜には飲まない

カフェインには、眠気覚まし効果があることは、皆さん知っての通りです。

子どもは、大人に比べ体も小さく未熟なため、大人よりその効果が強く出てしまうそうです。

なので、夕方や夜にコーヒーを飲んでしまうと、夜眠れなくなってしまう可能性がありますのでご注意ください。

またカフェインには、利尿作用もあるので、夜飲んでしまうと、夜中に尿意で何度も起きてしまう可能性もあります。

子どもの飲み物はコーヒー以外にも注意

いかがでしたでしょうか?

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、子どもに飲ませる時の注意点や、摂取しても良い年齢について、ご存知ない方も多かったのではないでしょうか?

ここで再度まとめておきます。

 

摂取年齢については以下の通りです。

  • コーヒーデビューは12歳〜15歳からがgood
  • 年齢だけでなく、体重にも注意(50キログラム以上)
  • 10歳以下の摂取は避ける。ただ、6歳以上であればミルクで4分の1ほどに薄めればOK

また、注意点としては

  • 過剰摂取は避ける
  • 飲む時間帯に注意、夕方から夜は避ける

と言った点が挙げられます。

 

ちなみに、コーヒーに含まれるカフェインは何もコーヒーだけに限ったことではありません。

緑茶や紅茶、ココア、お菓子で言えばチョコレートにも入っているんですよ?チョコレートにも入ってるなんて意外ですよね?

このように、カフェインを含む食べ物や飲み物はコーヒーだけではありません。

コーヒーだけ注意していれば良いというわけではありませんので、様々な飲み物や食べ物、一日トータルして、カフェインを摂取する量を気をつけなければなりません。

もし、6歳以下のお子様がコーヒーを欲しがった場合はコーヒー牛乳を与えるか、ノンカフェインのもの、カフェインレスのものもあるそうなので、そちらで我慢してもらいましょう。

...とここまでカフェインを摂取する事でのデメリットばかりお伝えしてきましたが、カフェインには疲労回復などの良い効果もありますので、過度に怯える必要はありませんよ!

親としては、子どもに与えるものは、何でも気になるものですよね。

子どもの健全な健康のために、与えても良いものや、与える時期や量については、ある程度でも良いので、事前に調べておくといいかもしれません。

-食生活

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.