からだ

乳歯が折れたときの治療法は?永久歯が生えるまでどうすればいいの?

投稿日:

子どもは本当にやんちゃで、気づいたら小さなけががたくさん…

床や壁にぶつけて乳歯が折れてしまうなんてこともありえます。
なんとその確率は5人に1人です。

倒れた時顔からぶつかってしまうので、特に前歯は折れやすいです。

乳歯が折れたらどうすれば良いのかについてお話していきます。

スポンサーリンク

乳歯が折れてしまった!病院に行くべきなの?

乳歯が折れてしまった場合どれくらい欠けたかにより、対応が異なります。

まず、欠けたり折れたりした乳歯は元に戻る可能性があります。

欠けたり折れたりした乳歯を生理食塩水に入れて、30分以内に歯医者で処置してもらいましょう。

生理食塩水とは、水1リットルに塩9グラムを溶かせば、家庭で簡単に作ることが出来ます。

時間がたったり乳歯が乾いてしまうと、組織が死んでしまうため元に戻せなくなってしまいます。

また、欠けたり折れたりした乳歯が4分の1以上の場合、歯の神経を傷つけてしまっている可能性があります。血液は固まりやすい性質のため、血が出てしまった時は飲み込まないように注意し、ガーゼなどでまず止血しましょう。

出血が止まったとしても傷口から化膿してしまう可能性があります。いずれにしても、必ず早めに歯医者に行くことが大切です。

乳歯が折れた場合、永久歯に影響はないの?

子どもの乳歯が折れてしまった時、歯の根本や骨にまで傷がついてしまった場合は、永久歯の形や生える方向に異常が現れる場合があります。

歯の生えてくる力が弱かったり、生える方向がずれたりすると、永久歯が生えてくるのが遅くなることもあります。

また神経に傷がついてしまった場合、永久歯の色か変色してしまうこともあるそうです。

乳歯が少ししか欠けていなかったり、少しグラグラするだけだからといって放置してしまうと、あとから永久歯に異常が現れる場合があるので、自己判断せず、一度専門家にみてもらいましょう。

まとめ

子どもは本当に活発でけがはつきものです。

自分の子どもは大丈夫と思っていても、自分の子どもが転んだりぶつけて、乳歯を折ってしまう可能性は十分にあります。

乳歯が欠けたり折れたりしてしまった時の対処法を頭に入れておけば、いざという時焦らず冷静に対処できるでしょう。

また、歯が折れて血が出てしまうと子どもも親もパニックになってしまうと思いますが、親が取り乱してしまうと子どもは余計パニックになってしまうので、親は冷静に動くことが大切です。

普段から近くの歯医者やかかりつけのお医者さんを見つけておくと、素早く行動できると思います。

-からだ

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.