からだ

子供の歯が足りない!?もしかしてそれは病気かも、

投稿日:

突然ですが質問です!

あなたのお子さん、歯の本数足りてますか?

そもそも人間の歯の数って知っていますか?

答えられないママパパ、多いのではないでしょうか?

もしかしたら、ママパパが知らないだけで、ご自身のお子さんの歯は通常よりも少ないかもしれませんよ?

「え?そんな事ってあるの?」というママのために、今回は歯の数が通常よりも少ない本数しか生えてこない「先天性欠如」というものについて、お話をさせていただきます。

スポンサーリンク

子供の歯が足りないのは病気?

子どもの歯が足りないのは「先天性欠如」という歯の異常形成です。

一般的に、人間の歯は、乳歯20本、永久歯28本と言われています。

(ちなみに、永久歯28本に親知らずは含みません。)

しかし稀に、乳歯や永久歯が2〜3本、多い場合だと10本前後不足してしまう人がいます。

その症状は先天性のもので、原因ははっきりとしていないのが現状ですが、以下のような原因が考えられるのではないかと言われています。

考えられる原因

  • 遺伝
  • 妊娠中の母親の栄養不足
  • 妊娠中の薬の影響

ただ、先程も申し上げましたが、あくまでも可能性であり、現在の医学でははっきりとした原因は分かっていないそうです。

乳歯だけ不足してしまうパターン、乳歯も足りず永久歯も足りないパターン、乳歯は足りていたけれど永久歯が生えてこなくて足りないパターンなど様々な症状があると言われています。

歯のレントゲンを取れば、乳歯の下に永久歯のもととなるものがあるか無いか、判断することができます。

スポンサーリンク

子供の歯が足りないとどうなっちゃうの?

子どもの歯が足りない場合、子どもにとってどんな影響が出てしまうのか!という点についてみていきましょう。

歯並びが悪くなる

本来乳歯20本、永久歯28本なければいけないものが本数が足りないので、歯と歯の間に隙間ができてしまいます。

その隙間が原因で歯並びが悪くなってしまうという影響が出る可能性があります。

先天性欠如だということがわかった年齢が30歳より若い場合は、経過を見ながら矯正を行い、歯と歯の間の隙間を埋めていくという治療法が一般的です。

30歳を超えてしまってから、先天性欠如だと分かった場合、矯正するのが大変難しいため、インプラントや入れ歯などを利用し、生えてこなかった永久歯部分を補う治療法をとる場合が多いです。

虫歯になりやすい

先天性欠如は、歯の本数が足りない歯の異常形成のため、歯と歯の間の隙間から虫歯になりやすいと言われています。

残った永久歯を活かすためにも、歯磨きを行うこと、こまめに歯科医院に通うことをおすすめします。

また、矯正の仕方も、部分的に矯正していく方法、全体を矯正していく方法など、さまざまあります。

大切なのは、お子さんの歯の成長に対して関心を持つこと、なんでも相談できるかかりつけ医を見つけておくことです。

スポンサーリンク

早い段階で対策を

いかがでしたでしょうか?

歯の本数が通常よりも少なくなってしまう歯の異常形成「先天性欠如」

我が子が、先天性欠如だと分かった年齢が若ければ、矯正を行なっていくスケジュールを計画的に立てることができます。

子どもにとって「歯医者さん」はあまり行きたくないところではあると思いますが、仮に先天性欠如だと分からずに30歳までいってしまうと、おじいちゃんおばあちゃんになる前から、入れ歯をしなければならなくなるかもしれません。

その点、30歳前、少なくとも20歳までで先天性欠如だということが分かれば、矯正をすることで、歯と歯の間を埋めることができます。

20歳くらいでもどうにかなる!と知っているだけで、少し安心しませんか?歯の矯正で隙間を埋め、歯並びをよくすることで虫歯などの口内トラブルを防ぐことができます。

もし、6歳前後の時に、永久歯への生え変わりが遅いな?と感じることがあれば、その段階で歯科医師に診せ、かかりつけ医とともに、今後の対策を立てていきましょう。

先天性欠如は、10人に1人ほどの割合でいると言われているそうなので、あまり珍しい病気ではありません。

それに、2〜3本であれば矯正で、その隙間を埋めることは、そう難しくありません。なので、ご自身のお子さんの歯の本数が足りなくても、そう悲観しないでくださいね。

また、逆に歯の本数が多くなる症状「過剰歯」になるお子さんもいます。

その場合は、抜歯して矯正していくような治療が一般的です。

過剰歯にしろ、先天性欠如にしろ、歯科医に通っていれば、すぐ分かることなので、きちんと定期的に歯科医に診てもらうことをおすすめします。

ママパパが、先天性欠如についてしっかりと事前に知っておきましょう。

そして、信頼できる専門医をみつけておくこと、その専門医に定期的に診てもらうこと、何より、ママパパが、お子さんの歯に対して関心を持ち、日々のこまめなケアをすることで、お子さんの永久歯を守ることができるでしょう。

-からだ

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.