子育て

初誕生日1歳のお祝い方法~男の子

投稿日:

壮絶な出産から、慌ただしい育児生活を過ごして一年。
初めて迎える誕生日は盛大にお祝いしたいですよね。

初誕生日は、どの行事よりも特別感があり、いろいろ準備したいママは多いはず!

でも何を準備したらよいか、プレゼントは何にすればよいかわからない!

そんなママ必見!
初誕生日のお祝い方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

初誕生日1歳のプレゼントは何を選べばいい?

初めてのお誕生日に、初めてのプレゼント。
プレゼントするからには、大切にして欲しいし、気にいるものをあげたい!

でも、一歳といえば、まだまだ自分で伝えられる年齢ではありません。

そこで、先輩ママたちが準備したプレゼントをご紹介致します。

つみきやブロック

手を使って遊ぶのが上手になっているので、大小さまざまな形のブロックやつみきがおすすめ

三輪車

まだ長い間歩けないけれど、動き回りたい子にオススメなのが三輪車。
長く使えるものを選ぶとベストです。

手押し車

室内でも、めいいっぱい遊べる手押し車。最近は、キャラクターものもたくさん出ているので、楽しく遊べること間違いなし!

いかがでしたか?
男の子は、特にやんちゃ盛りですので、身体を使って遊べるおもちゃがオススメ。

長く使ってもらえることを考えて選びましょう。

初誕生日のお祝い演出でやってよかったこと

プレゼントの準備はOK!でも、後は何を準備したら良い?

そんなママにオススメなのが「演出」

演出と言っても、そんな大それたものでなくて大丈夫。
少しの工夫で、お子様が楽しめるようなオススメの演出をまとめてみました。

初誕生でやってみたいイベント

まずは、誕生日に行いたいイベントについてみていきましょう。

写真館で記念撮影

お家で写真撮影も良いけれど、記念すべき行事は、プロに撮ってもらうのもオススメです。

写真館によって、バースデープランなど行っているところもあるので要チェックです。

着せたい衣装等がある場合は、早めの準備が必要です。

一升餅

一升分のお餅を担がせたり、お餅を踏んだりする行事。「一生食べ物に困らないように」という意味がある伝統的な行事です。

他にも「お餅のように、丸く円満な家庭を築く」という意味もあるそうです。

赤ちゃん用バースデーケーキ

離乳食の進み具合によっては、まだまだ大人と同じものが食べられない子も。
子ども用のバースデーケーキを準備すれば、お子様も喜ぶこと間違いなしですよ。

初誕生を盛り上げるお家の飾り付け

次は、お家でお祝いする場合の飾り付けについてみていきましょう。

《バルーン》
風船の先に写真を付けて浮かせたり「ハッピーバースデー」の文字の形をした風船を飾る方が多いです。

バルーン専門店で買う本格派ママから、100均風船を使うリーズナブル派ママまでさまざまです。
予算に応じて決めていきましょう。

《マスキングテープ》
お部屋の壁に、マスキングテープで「ハッピーバースデー」の文字を作る飾り付け。

マスキングテープを使用するので、賃貸のお家でも簡単にできるところがオススメポイントです。

《手形足形アート》
成長の記念に手形足形を残し、それを使ってアート作品にするママが増えています。

手形足形を動物に見立てて、目や耳を折り紙やマスキングテープで付けるだけで、簡単に作品が出来上がります。
毎年行って、アルバムにしても良いですね。

《ガーランド》
ガーランドとは、紐に、旗や花、葉っぱをモチーフにしたオブジェを付ける飾りのこと。

近年、誕生日だけでなく結婚式場の飾り付けとしても人気です。

既成のもの買うのも良いですが、折り紙や麻紐で手作りするのが、最近のママ流です。

祝いしたい気持ち第一!初めての誕生日

プレゼントや演出についての、疑問は解消されましたでしょう?

つみきやブロック一つにしても、対象年齢が合わなければ遊んでくれない場合もあるので、確認して購入しましょう。

また「孫にいろいろ買ってあげたい!」おじいちゃんやおばあちゃんが、プレゼントを用意してくれることもあると思いますので、プレゼントが被らないよう、事前に聞いた方が良いかもしれませんね。

演出についても、写真館での撮影は、曜日や時期によって混む場合もありますので、早めの予約をオススメします。

それから、お家の飾り付けを手作りする場合は、誕生日前から少しずつ用意しておきましょう。

当日は何かとバダバタしますので、余裕を持って準備しましょう。

この一年間、ママにとっても初めての事だらけで、あっという間の一年間だったというママが多いのではないでしょうか。

初誕生日は、ここまで無事に育ってくれた我が子をお祝いするとともに、一年間頑張ってきたママ自身も、自分で自分を労う一日です。

ママにも、ささやかなご褒美を準備しても良いのでは?笑

いずれにしても、この一年間を振り返るとともに、特別な一日になると良いですね。

-子育て

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.