怪我・病気

流行りのインフルエンザに子供がかかってしまった。子供でも飲める薬とは?

投稿日:

毎年猛威をふるっているのが「インフルエンザウイルス」

大人でもかかってしまうと辛い症状が続くインフルエンザ。

我が子がかかってしまったら、親としては気が気でないですよね。

感染力が強いインフルエンザウイルス。かからないことが一番ですが、もし我が子がかかってしまったら?

そんなママたちの心配に応えるべく、今回はインフルエンザに関して、まとめてみました。

スポンサーリンク

子供がインフルエンザにかかってしまった時はどうしたらいいの?

もし、我が子がインフルエンザウイルスにかかってしまった場合、どのように対処すれば良いのか、知らないママも多いのでは?

そんなママのために、以下にその対処法をまとめてみました。

《発症後、48時間以内に受診する》

抗インフルエンザ薬は、発症から48時間以内に服用しなければ効果があまり無いと言われています。

それは、抗インフルエンザウイルス薬が「ウイルスをやっつける薬」ではなく「ウイルスの増殖を抑えるくす」だからだと言われいるからです。

抗インフルエンザウイルス薬を処方してもらうには、まずインフルエンザであることを病院で確定させる必要があります。

《水分補給》

高熱により、水分が体から大量に出ます。そのため、脱水症状になる危険性も。

お茶やお水では、利尿作用があり、ポカリなどのスポーツドリンクは、糖分が多過ぎる場合があるで、経口補水液が良いでしょう。

《悪寒がするときはあたためる》

熱がどんどん上がっていくときは、悪寒がします。悪寒がしてしまうときは、部屋をあたためるなどの対策が効果的と言われています。

《熱が上がり切ったら、部分的に冷やす》

おでこは、熱を下げるのにはあまり効果がありません。

脇の下や、首回り、足の付け根などを冷やすのが良いでしょう。

体の中で、ウイルスと戦っているので、そのウイルスに負けないよう、水分補給は温度調整、汗をかいた際は小まめに着替えさせるなどの対策を取りましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザに効く子供でも飲める薬とは?

抗インフルエンザウイルス薬には、いくつかの種類があるそうです。

以下にその種類についてまとめてみました。

《タミフル》

抗インフルエンザウイルス薬の中でも、もっとも有名な内服薬です。

《リレンザ》

吸入するタイプの抗インフルエンザウイルス薬です。

《イナビル》

リレンザ同様、吸入タイプの抗インフルエンザウイルス薬です。

《ラピアクタ》

点滴タイプの抗インフルエンザウイルス薬です。

 

0〜1歳児は上手く吸入出来ないことが多いため、吸入薬は使わない方針の小児科が多いそうです。

また、タミフルを使用した際に異常行動が見られるもいった事例が過去にあることから、10代の患者にはタミフルを出さない方針の病院もあるようなのです。

点滴タイプの抗インフルエンザウイルス薬については、緊急性が高い場合、重篤化してしまったケース等で使われることが多く、あまり一般的ではないそうです。

れの薬を服用する場合も、かかりつけ医に相談した上で服用しましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザにかかったらかかりつけ医の診断と水分補給

インフルエンザ自体は、薬の使わずとも、1週間ほどで完治します。

ただ、「インフルエンザ脳炎」と言うけいれんや意識障害を起こす病気になる場合があります。

インフルエンザ脳炎は、死亡例もある病気です。抗インフルエンザウイルス薬で予防できるかどうかは、分かっていない部分も多いですが、高熱などによる合併症などのリスクを下げるためにも、早い段階での受診をお勧めします。

また、解熱剤についてはあまり使用しない方が良いとしている病院が多いようです。

無理に熱を下げると、ウイルスと戦い外に出そうとする力を弱めてしまい、結果的に長引いてしまうこともあるからだそうです。

さらに、子どもが使用できない解熱剤というものがあり、安易に大人と同じ解熱剤を使用することが、大変危険なケースがあります。

いずれにせよ、何でもかんでも解熱剤!というわけではなく、水分補給や温度調整などをしっかり行い、必要に応じて、かかりつけ医の指示に従って服用することをお勧めします。

我が子が高熱で元気がないと、親としては、早くどうにかしてあげたいと思いますよね?

 

少しでもインフルエンザにかかりにくくするために、予防接種を活用しましょう。

予防接種をすれば必ずしもかからないというわけではありませんが、毎年定期接種することで、免疫力が高まるとも言われています。

もし、インフルエンザにかかってしまった場合は、こまめな水分補給や温度調整、着替えなど、できる限りのことを行なった後は、出来るだけそばにいて様子を見守り、本人の自然治癒力を信じましょう。

-怪我・病気

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.