からだ

キズパワーパッドが凄い!使い方と効果って?

投稿日:

キズパワーパッドは「湿潤療法」の考え方をもとに開発されたキズケア製品です。

形状は従来の絆創膏のようで、傷口の上に貼るという使用法も絆創膏と近いものがありますが、キズに対して行っていることは今までの絆創膏とは全く違うものとなります。

スポンサーリンク

キズパワーパッドってなに?どう使うの?

湿潤療法とはヒトの自然治癒力に着目した治療法です。湿潤療法は「早く・痛くなく治り、傷跡が残りにくい」といわれています。なぜそういえるのでしょうか。

子どもの擦り傷には湿潤療法がおすすめ!

擦り傷・切り傷の治療法の一つである「湿潤療法」をご存じでしょうか。 湿潤療法とは、傷に対して「水道水でよく洗う」「消毒し ...

続きを見る

キズを負うとキズ口に体液(滲出液)が出てきます。この滲出液にはキズをきれいに早く治す力があります。湿潤療法ではキズ口を密閉することによってこの滲出液を逃さずに最大限利用していくため、皮膚の早い修復が期待できます。

 

キズに従来の手当を行った場合、乾燥によって炎症を起こして痛みやかゆみを伴いながらかさぶたを形成していきます。

しかし湿潤療法ではキズ口を乾燥させないため乾燥による神経への刺激が抑えられ、結果的に痛みやかゆみは和らぎます。

 

かさぶたは新しく再生した皮膚の邪魔をするだけでなく、治ったあとに跡が残ることにもつながります。

かさぶたを形成しない湿潤療法ではこうした心配も軽減されるということになります。

 

このように、従来の治療法と比較すると湿潤療法には魅力的な点が色々あります。ただし自己流で行うと失敗することがあります。

キズに装着するだけでキズ口に適した湿潤環境を整えることができるキズパワーパッドは、ご家庭で湿潤療法を行う際の強い味方といえるでしょう。

 

キズパワーパッドは二層構造となっており、外側は細菌や水の侵入を防ぐためのポリウレタンフィルム、内側はハイドロコロイド素材でできています。

ハイドロコロイド粒子の部分がキズ口に出てくる滲出液を吸収して白く膨らみます。

 

パッド自体がはがれてしまうとキズ口の乾燥につながります。そのためキズパワーパッドは粘着力が強くしっかりキズ口を密閉できるようになっています。

こうした構造によって、キズパワーパッドではキズ口の周囲を絶えず滲出液が覆いその液の中を細胞が動き回ることによって表皮が早くきれいに再生されることになります。

スポンサーリンク

キズパワーパッドの使い方

キズパワーパッドの使い方を、注意点とともに見ていきましょう。

湿潤療法を行う際の三つの柱は「水道水でよく洗う」「消毒しない」「乾かさない」です。キズパワーパッドもこの三つの柱を守って使用することになります。

傷口を流水でしっかり洗う

キズ口を流水でしっかり洗いましょう。湿潤療法ではキズ口の消毒は行いません。消毒薬の成分は雑菌を殺すのと同時に、滲出液内の自己治癒に必要な成分も壊してしまうことにつながります。皮膚にもダメージがあるため消毒薬は使用しません。そのかわりキズ口の洗浄をしっかりと行います。洗浄はキズ口やその周辺の異物や汚れを落とすことを目的として行います。この時の洗浄が不十分ですと、残っている異物などが細菌の増殖源となりキズ口の化膿や感染につながります。しっかり流水で洗いましょう。

 

清潔なタオルや紙などで水分を取る

出血がある場合にはキズ口を押さえて止血します。

キズパワーパッドは基本的に止血できてから貼るようにします。少量の出血ならばパッドが吸収しますが、キズ口の周りにまで流れてくるような出血の場合、キズ口にしっかりパッドが密着しないことになります。

2~3分程度経っても止血できないような場合には無理に使用しないほうがよいでしょう。

 

キズパワーパッドを貼る

キズ口全体をしっかり密閉するためキズ口より一回り大きいものを選びましょう。

また小さいキズの時に大きいキズパワーパッドを切って使用したり、大きいキズに対して小さいキズパワーパッドを重ねて使用したりするのは止めましょう。

キズパワーパッドには色々な大きさのものがあります。キズ口に適した大きさのものを使用するようにしましょう。

 

湿潤療法ではキズ口に白色ワセリンなどを塗ってキズ口の乾燥を抑えることがありますが、キズパワーパッドの場合にはパッドの粘着力が落ちるのでクリームなどは塗らないようにしましょう。

キズパワーパッドを扱う前に手指をきれいにしておくことも忘れないようにしましょう。

貼ってしばらくするとキズパワーパッドが滲出液を吸収していきます。内側で滲出液が白いゲル状となって膨んでいるのがわかると思います。ゲル状となった滲出液がキズ口を乾燥から守り、自己治癒力を発揮して皮膚を再生していきます。

必要なら張替えをする

キズパワーパッドを貼ってすぐ~数日間は滲出液がたくさん出てくるため白い膨らみも大きいでしょう。

パッドの端まで滲出液で膨らんできたり、汚れたりはがれそうな時には新しいものと取りかえましょう。皮膚が再生されてキズ口がふさがると貼りかえても白く膨らまなくなります。

キズパワーパッドを使う時の注意点

キズパワーパッドは、滲出液が乾いてしまう前に、怪我をしたらできるだけ早く貼ることが望ましいとされています。

ただし、焦ってキズ口の洗浄を充分に行わずに貼ってしまうのは止めましょう。キズパワーパッド自体に殺菌効果はありません。キズ口に異物などが残っていると細菌の増殖源となって化膿や感染につながります。

 

また、キズパワーパッドを取りかえる際にはその都度流水でキズ口をしっかり洗浄し、キズ口や滲出液の様子をよく観察しましょう。

キズ口の周りが赤くなって痛みを伴う、腫れて熱をもっている、滲出液に粘り気があり黄色っぽく濁っているといったような場合には化膿や感染が考えられますので使用を中止したほうがよいでしょう。

「キズが治るまで貼ったままにするほうがよい」と考えている方もいらっしゃると思います。

確かに湿潤療法では乾燥を避けるためキズを密閉して外気に触れないようにすることが大切です。しかし何日間もパッドを貼ったままにしておくと吸収された滲出液自体が劣化し、自己治癒力が下がるだけでなく感染や化膿の原因となります。

そのためたとえパッドがはがれていなくても2~3日に一回は交換して、キズ口を洗浄して様子を観察したほうがよいといわれています。

なお、キズパワーパッドには「向かないキズ」もあります。

詳しくは製品の注意事項を読んで頂きたいと思いますが、金属による刺し傷や動物による噛み傷やひっかき傷、ガラスや土・砂、ほこりなどの異物が入り込んでいると思われるキズ、時間が経ってすでに乾いてしまったキズ、感染が見られるキズ、受傷原因のわからないキズなどには使用しないようにしましょう。

パッドの大きさを超えた広範囲のキズや深いキズにも不向きです。こうしたキズの場合には病院を受診するようにしましょう。

 

キズパワーパッドの凄い効果! 実際のレビューを聞いてみよう

 キズパワーパッドはご家庭でも手軽に湿潤療法が行え、治りも早く跡も残りにくいということです。そのため最近では怪我に備えて常備しているおうちも多いのではないかと思います。我が家でも何度か使用したことがあります。

切り傷

自分の指の切り傷にキズパワーパッドを使用した時にはとてもきれいに治ったことが実感できました。

痛みもほとんどありませんでした。2.~3日に一度取りかえるということでしたが水仕事を行った後どうしても粘着力が落ちるため毎日取りかえていました。結果的にそれがよかったのかもしれません。

インターネット上の使用例を見ていても、切り傷の場合にはかなり高い割合で成功しているように思いました。

もちろん深くない切り傷の場合ですが、傷をつくった際に泥や砂といったものに触れていない場合にはその後化膿や感染の可能性は比較的低いという印象です。

擦り傷

子どもの腕の擦り傷に使用した時にも成功しました。

毎日取りかえることはせず2日程度は貼りっぱなしにしておいたのですが大丈夫でした。

皮膚の弱い方の場合はかぶれることがあるそうです。そういった場合は基本的に毎日取りかえたほうがよく、取りかえる際には皮膚についた粘着材も流水でしっかり洗い落とすことが大切です。

また特にお子さんの場合、土や砂の上で転んで傷をつくることが多いと思いますが、そうした時に流水でいくら傷口を洗浄したとしてもどうしても雑菌や異物が残っていることが多いそうです。

結果的に化膿が進んでしまった失敗例としては、そういった声も聞かれました。貼りかえる際に傷口に少しでも違和感や異変があった時には無理に使用を続けないという判断も必要になると思います。

やけど

個人的にやけどで使用したことはありませんが、インターネット上ではやけどに使用した際の成功例が見られます。

やけどでいちばん気になるのは「跡が残ってしまうのではないか」という点ですが、湿潤療法ではこうした跡も残りにくいといわれています。

 

キズパワーパッドをやけどで使用する際には、やけどの面積が狭くかつ浅い状態であることが条件となります。

やけどを負った際にはまず冷水で冷やしますが、熱傷が表皮のみで赤くひりひりしている場合や小さな水ほうができている程度ならばキズパワーパッドで対処できるそうです。水ほうができている時にはできれば水ほうを破いて余分な皮を切り取ってからよく洗浄してキズパワーパッドを貼ります。

ただし、浅いやけどであってもキズパワーパッドで患部が覆えないくらい広範囲の場合や深いやけどの場合にはすぐに病院に行って手当を受けましょう。

靴ずれ

キズパワーパッドには「靴ずれ用」もあります。

靴ずれによって水ほうができている場合にはやけどと同様、水ほうを破いて周辺の余分な皮を取り除いてからよく洗浄してからパッドを貼るとよいそうです。

使用方法を守ってきれいに早く治しましょう

以上のように、キズパワーパッドをはじめとした湿潤療法は、日常的な傷の治療法として今後ますます注目されていくことでしょう。

湿潤療法には医療用ラップを使用するやり方などもありますが、自宅ですぐに対処できるようにキズパワーパッドを常備しておくことも一つの方法だと思います。

キズパワーパッドはやや高額のため頻繁に貼りかえることについては少し抵抗がありますが、患部を清潔に保つことは何よりも大切です。

使用方法を誤らなければ早くきれいに治りますので試してみる価値はあると思います。

 

-からだ

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.