成長期、身長がなかなか伸びない…成長エンジンがかかるのは人それぞれ

スポンサーリンク
15歳

中学入学当時、150㎝に身長が満たなかった長男。女顔だったこともあり、体操服など着ていると、しょっちゅうショートカットの女子と間違えられていました。

父親は172㎝、私は165㎝なのでいずれ伸びるだろうと思ってはいましたが、一年生の終わりになっても155㎝と、いまいちな伸びで二年生に突入しました。

二年生になっても声変わりがまだで、合唱のときには男子でひとりだけ、女子のパートに入れられていましたし、相変わらず女の子に間違えられていました。

身長は二年生のおわりに160㎝。じわじわと伸びてはいましたが、筋肉が付かず、声変わりがクラスでひとりまだのままで、親として少し焦った気持ちがありました。

ただ、足のサイズだけはめきめき大きくなり、入学当時、23.5から26.5に、陸上部でランニングシューズが必須なのでしょっちゅう買い直して、店員さんと顔馴染みになるほどでした。

足が大きくなったんだから、背も伸びるはず、、と自分に言い聞かせて、いよいよ三年生。

ついに息子は165㎝。私の夢だった、ママ越えを果たしました。鏡に並んで写っては、ニンマリしています。

声変わりもじわりとして、かぜが長引いてるな~と思う程度のささいな声変わりを果たしました。

ちなみに友達は息子の声変わりがあまりに地味で気付かなかったそうです。