子育て

赤ちゃんの虫除け対策おすすめ5つ!

投稿日:

赤ちゃんは大人より体温が高く、虫に刺されやすいのです。そして皮膚も大人より弱いです。

たかが虫刺されと思いますが、赤ちゃんにとっては一大事になることもあります。

 

虫に刺されたことにより、虫のアレルギー反応が起きてしまったり、かぶれや腫れがひどくなってしまう場合があります。

赤ちゃんのために、しっかりと虫除け対策をしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんがいる家庭必見!虫除けにおすすめな対策を5つピックアップ

赤ちゃんの虫除け対策としてお勧めな対策を5つピックアップしてご紹介します。

肌の露出を抑える

ゆったりめの長袖や長ズボンをはかせ、蚊が刺しても刺されないようにしましょう。

他にも、長袖や長ズボンは暑そうでかわいそう。と思う人は、薄手のおくるみを被せてあげましょう。

淡い色の服を着せる

蚊は特に、黒色や紺色、赤色などの濃い色を好み、近寄って来るそうです。

なので、白色や黄色などの淡い色の服を着せると、蚊が近寄り難くなります。

虫除け剤、殺虫剤を使用する

やはり虫除け剤が1番頼りになります。

外出時には服に付けたり、肌に直接塗る虫除け剤があります。

 

虫除け剤を使用する際は、使用方法をよく読み、しっかりと付けてあげてください。

屋内では室内用に網戸に付けたり、物干し竿に吊るす殺虫剤もあります。蚊取り線香や電子蚊取り器を使用したり、徹底的な対策をしましょう。

汗をかいたらすぐに拭く

蚊は、人間の汗で寄ってきます。汗をかいたらこまめに拭いてあげましょう。

外出時には、ベビーカーや抱っこ紐に、保冷剤を取り付けられる商品もありますので、暑さ対策におすすめします。

外からの侵入を防ぐ

室内では必ず網戸を閉めましょう。他にも、

蚊帳を使用してみましょう。ベビーベットに付けられるものから、ベビーカーに付けられるものもあります。

赤ちゃんに向かない虫除け剤とは?

虫除けにおすすめなのは、やはり手軽に使える虫除け剤の使用です。

知っていますか?生後6ヶ月未満は使用してはいけない虫除け剤があるんです。

それは、「ディート」が入ってる虫除け剤です。これは、乳児にとって安全と言えない化合物なのです。必ず「ディート不使用」の虫除け剤を使用してください。

 

ベビー用の商品は沢山あります。スプレータイプやテープタイプと様々な商品があります。

匂いがキツイものや無臭のものもあるので、自分の好みに合わせて使用してください。



虫除け対策3つ!まとめ

持ち込まない

  • 侵入させない
  • 住まわせない

以上を心掛けましょう。

持ち込まないために、外出時に大人から赤ちゃんまで、家族の人みんな虫除け剤の使用をしましょう。服にくっついて来たと言うのは、よくあることなので、虫が寄って来ないように、外出中は汗をこまめに拭いて、肌に塗る虫除け剤は塗り直したりしましょう。

侵入させないために、網戸をしっかりと閉め、玄関やベランダに虫除け剤を使用しましょう。網戸を開ける時には、網戸に付いている虫を払うために、叩いてから開けるようにしましょう。

住まわせないために、室内では殺虫剤を使用しましょう。虫がは入らないように徹底しても、何処からか出現します。電子蚊取り線香等を使用し、殺虫剤で虫を住まわせないようにしましょう。

 

赤ちゃんも日光浴がしたいのに、虫刺されがこわくて外出できない!と言う不安は少しは和らいだでしょうか?様々な対策があり、便利な商品も沢山あります。

外出する準備の手間が少し多くなりますが、赤ちゃんとの楽しい外出のためなので、虫除け対策はしっかりとやってあげましょう。虫に刺されて辛いのは、大人ではなく赤ちゃんなのだと言うのは忘れないでください。

-子育て

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.