からだ

乳歯の本数はいくつ?もしかしてうちの子足りない?!

投稿日:

産まれて初めて生えてくる小さくて可愛い歯である乳歯。

歯が生えてくるとまた一つ子供の成長を感じることができます。

最初に生えてくる乳歯は全部で20本あります。生え始める時期には個人差がありますが、大体生後6ヵ月頃~9ヶ月頃に顔を出し始めます。

徐々に生え揃ってくるものですが、もしかしたら乳歯の本数が足りないかもしれない…と不安に思われている方のために、今回はどうして本数が足りなくなってしまうかという原因と年齢に合わせた対処法を紹介します。

スポンサーリンク

乳歯が生えきった時の正常な本数はいくつ?いつまでに生えればいいの?

乳歯はまず前歯から生え始めて、その後は順番に奥歯も生えてきます。

前歯が上下あわせて12本、奥歯は上下と左右を合わせて8本の合計20本が正常な乳歯の本数になります。

そして乳歯は大体2歳半~3歳頃に生えそろうと言われています。

生後6ヶ月を過ぎてもまだ生えてこないと心配される方もいるかと思いますが、身長や体重と同じで歯の成長にも個人差があります。

生えてくるのが遅い子もいれば早い子もいるので、それも個性の一つとして捉えてあげましょう。

たとえのんびりペースであったとしても3歳半頃までに生え揃っていれば大丈夫です。

乳歯の本数が足りない?!どうして足りないの?

なんだか乳歯の本数が少ないのではないかと心配される方は年齢に沿った対処法を知っておきましょう。

乳歯の本数が足りない原因の一つに「先天性欠如歯」という歯になる芽が出来ないという症状があげられます。

これが原因で乳歯が足りなくなったとしても必ずしも永久歯までもが足りなくなるとは限らないので、赤ちゃんの頃はまだ具体的な治療はせずに経過を見るというのがほとんどです。

永久歯が生え始めるのが5歳半~6歳頃といわれていますが、それぐらいの年齢に近づいてきて永久歯にも影響が出るようであればレントゲン撮影をして、その時の状況に合わせた治療法をしていきましょう。

治療法には出来る限りで乳歯を残してあげるものや、顎の成長が落ち着いてきた頃に残した乳歯も利用して歯並びの矯正をするものがあります。

どちらにしても定期的に歯医者に通う必要がありますが、もちろん歯磨きなど自宅で出来るケアも重要になります。しっかり磨けてあげられているか気になる場合は歯科医の先生から正しい歯磨きの仕方を教わるようにしましょう。

まとめ

一般的には各地域で行われる10ヶ月児健診から子供の歯科検診は始まります。

生え方や本数などで抱えている不安を少しでも取り除けるように、歯医者さんに相談をするなど正しい対処法を探してあげて、我が子の成長過程に欠かせないものの一つである乳歯を守ってあげるようにしましょう。

 

-からだ
-

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.