男の子を育てる

おしっこが飛んできた!オムツ替えをする時の男の子のコツ3つ!

投稿日:

新米ママにとって、すぐにしないといけないこと…

授乳はもちろんですが、オムツ替えも生まれてすぐしないといけない、赤ちゃんのお世話のひとつですよね。

そこで、特に男の子ママは、この”おしっこ問題”に直面します!

おしっこが飛んでこないように、被害を少しでも押さえられるような、コツをお伝えします。

スポンサーリンク

男の子のオムツ替え、なんでこんなに大変?

特に新生児期の赤ちゃんは、まだまだおしっこの間隔がせまいので、たくさんオムツ替えもしないといけません。赤ちゃんって、オムツ替えするときに

解放感からか”しゃーっ”と出ちゃうみたいです。現に、男の子ママである筆者も、たくさん被害に合いました。

女の子もオムツ替えのときに出ちゃうこと、もちろんあると思いますが、男の子は…向いている方向によっては、いろんな所に飛ぶんです!

 

それがなんといっても大変!!なんとか被害に合うのを少なくするために、いろいろ考えてみました。

男の子のオムツ替えをする時のコツと便利なアイテム

 

まず、コツ①さっと替える

テープ式のオムツだと、オムツを替える前に、下に新しいオムツをあらかじめ敷いておきます。オムツを開けたと同時に、手に持っておいたおしりふきでささっと

ふき、古いオムツをささっと抜き取り、新しいオムツを装着!

これはスピード勝負です!慣れてくると、少しやりにくい面もありますが、オムツを完全に開かず(おしっこが出てくるところの前に、オムツの前面があるイメージ)、同様の手順で変えます。もし最中に飛んできてもオムツの中で事を終えるようにする…という感じです。

 

コツ②ティッシュをかぶせる

これが1番有効な手かな?と思います。筆者もよくやりました。近くにティッシュがない場合は、おしりふきでも代用できると思います(少し紙が厚くなりますが)。

やり方は簡単。かぶせておくだけです。もし出ちゃっても、ティッシュが濡れるだけ。

被害は最小限におさえられます。

 

コツ③潔くあきらめる!笑

いろいろ対策を考えても、特に新生児時期は飛ばしまくります!飛ばされても、「あ~気持ちよかったのねぇ」とか、「今日は○回飛んできたよ~」など、明るい感じで考えられたらいいですね。

あとの対策は、まわりが濡れてもいいように、おむつシートの上でする、自分の服も濡れてもいいものにする(結構服にもかかります!)など、飛ばされる前提で考えておくと、濡れてもイライラしない気がします。

 

あとはグッズです!最近は、おしっこガードやおしっこキャップ、など、可愛くて便利なアイテムが増えていますね。

筆者も存在自体は知っていたものの、わざわざ買うところまではいかなかったのですが、使ってみたい品です。

 

まとめ☆コツをつかめば乗り越えられる!

苦労するのは最初だけ。時が経てば、懐かしい思い出に変わりますよ。

新生児期から数ヵ月後、「あれ?そういえば最近、おしっこ飛んでこなくなったな…」という時が必ずきます。

ちなみに筆者は、おしっこではなく、ゆるゆるうんちくんが飛んできた経験アリです!

そのときは、「おしっこならわかるけど、まさかこれが飛んでくるなんて~!」と慌てふためきましたが、今となっては笑い話です。

…この話を聞くと、おしっこなんてかわいいもの、と思いませんか?

-男の子を育てる
-

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.