子育て

チャイルドシートはいつからいつまで?どうやって選べばいいの?

投稿日:

乳幼児を車に乗せる際に必ず必要となるのがチャイルドシートです。

今では交通法によりチャイルドシートの着用が義務付けられています。

子どもの安全を守るためにもチャイルドシートの正しい使用方法や数ある種類の中でどのようなものを選ぶのがいいのかを確認しておきましょう。

スポンサーリンク


チャイルドシートの着用年齢は?

チャイルドシートの着用をしなければならない対象者は6歳未満の乳幼児とされています。

チャイルドシートはシートベルトをつけることの出来ない子どもが乗車する時に安全を確保するためのものなので、法律では6歳未満とされていますが子どもの身長や体重などの成長具合に合わせたシートの着用をしましょう。

6歳に満たないのにチャイルドシートが合わない気がすると思われるようでしたら、少しステップアップしてジュニアシートを試着してみてもいいと思います。

子どもの成長は十人十色。身長が高い子もいれば低い子もいますし、体重にも個人差があります。

年齢にとらわれずに我が子に合わせたシートを着用させてあげましょう。

 

チャイルドシートを購入する時のポイント

子供用品を取り扱う様々なメーカーがチャイルドシートの販売をしています。

メーカーによって特徴が異なるうえに同じメーカーの中でも色んな種類のシートがあるので、まずはどこから出されているものが合うのか考える必要があります。

私も最初にメーカー選びから始めて色々悩みましたが、チャイルドシートを購入する前に買っていたベビーカーと同じメーカーに絞ることにしました。

ここで絶対に調べておいて欲しいのが、チャイルドシートを取り付けることの出来る対象車種に自分の車が当てはまるかどうかです

その時に後部座席のどちら側に取り付けが可能かもチェックしましょう。対象車種をまとめたファイルがおいてあるお店もあるのでそちらを参考にしてみてください。

*助手席へのチャイルドシートの取り付けはNGです。

スポンサーリンク

チャイルドシートは出産前に購入を!

私は予定日よりも早い出産になりチャイルドシートが未購入でした。

産後の入院中に希望のチャイルドシートを主人に伝えて購入から取り付けまでをおまかせしたまでは良かったのですが、私自身が説明書を確認することなく退院日を迎えたために初めて我が子を乗せるのにとても手間取ってしまいました。

産まれたばかりの赤ちゃんは首もすわっておらず、ふにゃふにゃな状態なのでシートに乗せるのもベルトを締めるのも怖かったのを覚えています。

これから購入を考えている方は出産前に購入して予行練習をすることをおすすめします。

我が子の命の安全を守るために欠かせないチャイルドシート。それぞれの家庭に合ったものを選んでお子様とのドライブを快適なものにしましょう。

 

-子育て

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.