からだ

紫外線が子供の目に及ぼす危険性とは!?どんな対策をとったらいいの?!

投稿日:

突然ですが、皆さん!

紫外線対策ってどんなことをしてますか?

  • 「日焼け止めクリームを塗る」
  • 「長袖を着る」
  • 「日傘をさす」

どれも大切な紫外線対策であることは間違いですが、目への対策はしてますか?

「皮膚が焼けないようにするのが紫外線対策じゃないの?」

「目にも紫外線対策が必要なの?」

そう思うママも少なくないでしょう。

しかし、目に対する紫外線対策を怠ると、将来皆さんのお子さんは、大きな目の病気にかかってしまうかもしれません。最悪の場合は失明の危険性も....。

そうならないためにも、今からできる目への紫外線対策や、紫外線が目に及ぼす影響、危険性を知っておくことが大切です。

ということで、今回は「紫外線と目」に関する情報を調べてみました。

スポンサーリンク

紫外線が子供の目に及ぼす危険性とは?

日常生活を送る上での、多少の紫外線はあまり問題ないと言われていますが、長時間紫外線を浴びることで、さまざまな目の病気になる危険性が高まります。

具体的に、どんな病気になりやすいかを確認しておきましょう。

紫外線角膜炎

紫外線角膜炎というのは、強い紫外線を浴びて起きる目の炎症です。

白目の部分が充血したり、目に違和感を感じます。

酷いケースでは、目に強い痛みを感じることもあります。

2〜3日で自然に治ることがほとんどだそうです。

白内障

白内障は、加齢と共に発症する可能性が高くなる目の病気ですが、紫外線もその原因と一つとしてあげられます。

紫外線を浴び続ける事で、水晶体に悪影響を及ぼし、視力が低下していってしまうこともあります。

翼状片

翼状片は、結膜が目頭の辺りから黒目に入り込む目の病気です。

原因は不明な部分も多いですが、高齢者で発症した場合、紫外線の影響が関係していると言われています。

瞼裂斑

瞼裂斑は、白目の部分が黄色がかった色になる目の病気です。

目のシミとも言われていて、紫外線の他に、潮風やコンタクトレンズの使用などが原因と考えられています。

紫外線を浴び続けると、上記のような、目の病気になる可能性が高まってしまいます。

「一生のうちで浴びる紫外線の大半は18歳までに浴びる」という研究結果もあるそうです。

それだけ多くの紫外線を浴びる子ども時代に、どれだけ対策出来るかによって、将来目の病気になる確率が変わってくると言えるでしょう。

スポンサーリンク

紫外線が目に及ぼす危険性を回避するには?

前章で述べたような、目の病気にならないために、子どもの時からできる対策を知っておきましょう

UVカット仕様のサングラスをかける

外で遊ぶ時、野外でスポーツをする時に、UVカット仕様のサングラスを使用する事で、紫外線から目を守ることができます。

ここで重要なのが「必ずUVカット仕様のものを使用すること」

ただ色が濃いだけのサングラスを使うのは逆効果です。

目は暗いところでは瞳孔を開き、より多く光を取り込もうとする働きがあるため、色が濃いだけで、UVカットされていないものを使っては、目はより紫外線を浴びてしまうことになるのです。

せっかく対策を取っても裏目に出てしまうということなんです。

サングラスを購入する際は、必ず紫外線をカットするものにしましょう。

つばの広い帽子をかぶる

スポーツする時はまだしも、外で遊ぶのに、サングラスをかけるのはちょっと...という場合は、つばの広い帽子を被りましょう。

これだけでも、目を紫外線から守ることができます。その際、サングラス同様、UVカット仕様のものであれば、なお良いでしょう。

お出かけの時間に注意

日中お昼10時ごろから14時ごろまでが、一番紫外線が多い時間と言われています。

特に夏は、暑さ対策の観点からも、その時間を避けて外出するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

紫外線対策は子どものうちからできることを

いかがでしたでしょうか?

紫外線対策として、皮膚への影響は知っていても、目への影響は知らなかった人も多いのではないでしょうか?

紫外線を、浴び続けることによって、白内障や角膜炎、翼状片など、さまざまな目の病気を引き起こしてしまいます。

紫外線はどんどん蓄積され、歳をとってから、その影響が病気として出てしまうんですね。

 

人間は目からの情報にほぼ頼って生きているので、のちのち失明など大きな目の病気にならないためにも、子どもの頃からの対策が必要です。

近年は、部活動をする際もサングラスの使用を認めているところも増えてきました。

特に野外で行う野球や陸上など、長時間紫外線を浴びることになる競技を行う際は、UVカット仕

様のサングラスを着用できる場合はした方が良いでしょう。

サングラス選びは目を守るためにも重要ですので、眼鏡屋さんやスポーツ用品店など専門店で選ぶと安心ですね。

また、目以外にも、皮膚に対する対策も必要です。

夏は特に、長袖長ズボンの着用や、日焼け止めの使用など、紫外線に対する対策は、全身行う方が良いでしょう。

子どもの時からの対策が必要な紫外線対策。季節に関係なく、改めて見直してみませんか?

-からだ

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.