学習&体験

幼児から始めたい英語、いつからがベスト?

投稿日:

グローバル化社会と言われている現在、子どもに英語を習わせたいというお母さんも多いはずです。

しかし、いつから習わせるのがよいか悩みますよね。

小さいうちは覚えも抜群にいいため小さいうちに習わせるべきなのか、物事をわかりはじめた小学生くらいからがいいのか。子どもの発達もふまえながら、考えていきましょう。

スポンサーリンク

幼児が英語を始める5つの効果とは?!

幼児から英語を始めるのが良いと言われている効果を確認しておきましょう。

「英語耳」になれる

英語を聞き分けられる能力を「英語耳」といいます。

幼児期から英語に慣れ親しんでいることにより英語の発音を聞き分けやすくなります。

日本語と英語は使用する周波数帯が異なるため、日本人にとって英語を習得することはなかなか大変なことなのです。なので、小さい頃から耳で英語を聞いておくことによって英語を習得しやすくなるのです。

「英語脳」に近づく

日本語と英語では全く言語異なります。日本語のときには日本語の訳し方、英語のときには英語の訳し方があり、「英語脳」になると能がスムーズに切り替えできるようになります。

英語の勉強をする時間の確保

英語の習得にはかなりの時間が必要となります。よって幼児期から勉強しておくことで、英語の習得により長い時間をかけて取り組んでいくことができます。

吸収のスピードが早い

幼児期は脳が柔軟なため、大人では考えられないほどのスピードでさまざまなことを吸収していきます。よって、英語を普段からつかっていたり、聞き慣れていることにより英語を使えるようになります。

子どもの寛容性を育てる

幼児期から異文化に触れておくことで、その後の成長にも大きく変化があるでしょう。偏見や差別などが問題になる現代では、誰もが平等であり、分け隔てなく接することが課題でもあります。よって英語を通して寛容な心を育むことにも繋がっていきます。

スポンサーリンク

英語を始めるのは、いつからがベスト?その理由って?

幼児から英語をはじめる効果を考えると幼児期から英語を習い始めることは、メリットがたくさんあるということがわかってくると思います。

幼児期はさまざまなことを学び、驚くほどの早さで吸収していきます。大きくなってから学習するよりも遥かに記憶力もよいと言われています。よって幼児期から英語を始めることがベストだという考えも多くあります。

しかし、個人差があるため、親が無理にやらせるというのではなかなか英語を受け入れることができないでしょう。

よって、始めるタイミングとしては子どもが楽しく、意欲的に始められたときが良いでしょう。子ども自らが意欲的に取り組めること、英語が好きだ、楽しいと感じられることがより身に付きやすく、吸収していけるからです。

まとめ

英語を始めるのにベストな時期としては幼児期があげられます。

なぜなら、記憶力がよく吸収も早いためとても適している時期なのです。また、幼児期から英語に触れておくことで自然と「英語力」が身に付きます。

“いつから”ということを気にしすぎずに、子どもの意思を大事にしていってあげることも必要です。意欲的に取り組めることが学習には最適です。

-学習&体験
-

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.