子どもとお金

ゆうちょ銀行なら子どもの口座がすぐできる!でも本当に必要?

投稿日:

赤ちゃんが産まれると、色々なことを考えなければいけませんが、その一つに将来の教育費について考えないといけませんよね。

貯金を始めたり、学資保険に入ったりいろいろな貯め方がありますが、とにかく小さいうちから貯める必要があります。

一番上の子が高校生になり、成長とともにお金がかかる。と言うことをひしひしと感じている私です。

お年玉やお祝い、もらったときに将来のために。と思って、子ども用の銀行口座を考える人も多いと思います。でも、本当にその口座必要でしょうか?

スポンサーリンク

子ども名義の口座 何を入れる?

子ども名義の口座を作る前に、その口座はどういう目的で作るのかを考えたほうが良いと思います。

そして子ども名義の口座は子どものお金を入れましょう。

子どもに使うためのお金を入れる口座なら作る必要がないと私は思います。

子ども名義の口座 作ったけど、いらなかった。

私に高校生、中学生そして少し離れて幼稚園の3人の子供がいます。

うえの2人の子供には赤ちゃんのころに子供名義の口座を作りました。でも、一番下の子の口座は作っていません。

なぜか。

最初は赤ちゃんのころにもらったお小遣いやお年玉などをすべて口座に入れていました。児童手当も父親名義の口座に振り込まれた後に、移し替えなどという面倒なこともマメにやっていました。

でもハッキリ言って面倒になってきのです。

だって、子供名義の口座にいれたって、使うのは大人ですよね?子供のための学費だったとしても、それを支払うのは親なんですよ。

スポンサーリンク

子ども名義の口座のお金を貯めるデメリット

子どものためのお金。という意識が産まれて良いかもしれませんが、子どもに使うためのお金を子ども名義の口座に貯めるデメリットは結構あります。

窓口での手続きに子どもの身分証明が必要になる。お

子ども名義の口座ですから、親であっても子供の身分証明が必要です。それに、親の身分証明も必要です。結構めんどくさい。

暗証番号を親が決めてしまう

ATMでの引き出しができるようにキャッシュカードを作ることになると思いますが、そのカードの暗証番号を親が決めることになります。
将来、通帳を渡そうと考えているのならこれはどうかな?と思うところ。

そして、なんというか忘れてしまいましたが、ゆうちょ銀行の場合、印鑑がわからなくなったり、色々な手続きの際に絶対に忘れてはいけない暗証番号をいうのをキャッシュカードの暗証番号とは別に登録します。通帳を子供に渡すことを考えるとこれも不都合がでる可能性がある。

贈与税がかかる場合も

子どもの教育資金ではなく、資産形成のためにこども名義の口座を利用している場合もあると思います。

子どもの預貯金は親のものとみなされます。

通帳を子供に渡したときにもし110万円以上あれば贈与税がかかってしまう可能性があります。10年以上かかって子供名義の通帳にお金を貯めたとしても、それまでは親のお金。

1年間に10万円ずつ15年ためたとしたら150万円。

子どもに渡した時点で110万円以上ありますから、税金の対象ということのようです。
毎年10万円渡してたつもりだったのに。ということになってしまわないように注意が必要です。

親がおろせなくなる。

子どもが成人したら、親は基本的にはおろせません。ATMなら大丈夫だとおもいますが・・・・。

ゆうちょ銀行なら簡単に口座開設。でもいつがいい?

18歳未満の人の口座開設の制限が厳しい銀行が多い中、ゆうちょ銀行なら、子どもの身分証明の他、親との関係がわかる住民票などを持参すれば簡単に口座を開設することができます。

1歳未満の赤ちゃんの口座を開設すれば1,000円のお年玉がもらえる。なんていううれしいキャンペーンも時々ありますから、作っちゃおう。と思う方もおおいかもしれませんね。

 

でも、1つの銀行に作ることができる口座の数ってひとり1口座が基本です。

ここでゆうちょ銀行の口座をつくってしまうと、基本的にはこれでもう作ることができないってこと。

子どもがお金の管理を学ばないといけないときに、銀行の口座を使いたい。と思っても、比較的簡単に作ることができるゆうちょ銀行の口座がもう親に使われていたら、、他の銀行を探したり、結局は子ども名義の口座に貯めていたものを動かさないといけない可能性があるということになります。

我が家も実はこのクチで、お友達の影響などもありお年玉を銀行に貯金したい!と言いだしたのですが、すでにゆうちょ銀行の口座には児童手当などを貯めていたものが入っていまいた。
そのため、親名義の口座に移動させて、窓口で新しい通帳に交換してもらって子供に渡しました。

子どもの名義と思ったら使わない!と思うなら、貯蓄用の親名義の口座をどっかの銀行に作って、ここは意地でも下さない!って思うことといっしょじゃないかな?と思ったんです。

だから、一番下の子の口座はまだ作りません。
通帳が欲しいと言いだしたら、一緒に窓口に行って作ろうと思います。

-子どもとお金

Copyright© HAHA & MAMA , 2020 All Rights Reserved.